半分趣味で小説を展開しております。

小説でどこまでやるかはわかりませんが、

今までゲームで続かなかった作品をこちらで継続していく予定です。

現在はハーレム殿下の続編である「十二英雄伝」と

番外編と言いつつ、すでに本編並みにやっている、

「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」がメインです。


基本は燃焼系ですが、それ以外の作品も執筆していく予定です。

今後は小説で面白い作品や重厚なものを作っていきます。

ゲームだとシナリオ以外に手間がかかるので、さすがにもう厳しくなってきました。


※小説は、園島義船(そのじまよしふね)という名前で執筆しています。







「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」


アルファポリス版
https://www.alphapolis.co.jp/novel/3334100/22183894

カクヨム版
https://kakuyomu.jp/works/1177354054886209082

このサイトで読む

新しいページで開く


※クリックすると連載サイトに飛びます。


どれかをブックマークしておいてくだされば、更新されていくと思います。




概要

大陸暦6000年代、西側大陸から未開発の東大陸に大規模入植が起こり、
現地人や旧移民者との軋轢から紛争が勃発する。

そんな中、後の欠番覇王となるアンシュラオンが引き起こす騒動が、
次第に大きなうねりとなって東大陸の完全独立を促す動きへと発展していく。

その国家はシェイク・エターナルと呼ばれることになった。



見所

主人公の破天荒で横暴な性格が好評なようです。

作者個人は「健やかな少年を描けたなー」と思っていたら、感想が「クズすぎて素敵」みたいなもので溢れ
正直何が起こっているのかわかりませんでした。

狙っていないでウケるパターンを初めて味わった経験でした。

異世界ものが好きでよく小説を読んでいたのですが、「自分だったらこうするのに」というイライラを
そのまま作品にぶつけた形となっているので、そういうところが好まれたようです。
これによって、もともとゲームであった燃焼系の世界と「異世界転生」の相性の良さに気づきました。

また、十二英雄伝を読まれている方は、

バーン序列一位のパミエルキの弟が主人公ということもあり、

そういった意味でも楽しめると思います。

パミエルキの物語も数多く盛り込まれるので、十二英雄伝外伝という扱いになっています。


補足

2018年5月25日より連載開始。

最初は「小説家になろう」でやっており、アクセス数も順調に伸びていましたが(一日1万アクセス程度)、
もろもろあって削除された結果、現在では他の投稿サイトをメインで更新しております。

一年半、毎日更新を欠かさなかったため、完成度よりも持続性を重視した作りなっています。

あくまでウェブ小説用に展開しているので気楽に書いており、
ハーレム殿下で出来なかった細かいところまで描けることを楽しんでいる感じです。

そういうわけですので、仮に何かにまとめる際は大幅に修正が加えられるような作品となっております。
煩雑した中から面白そうな要素を探すことと、十二英雄伝用に技を充実させることも目的としています。




十二英雄伝

アルファポリス版
https://www.alphapolis.co.jp/novel/3334100/600128335





概要


ハーレム殿下の続編、「愛と宿命の螺旋シリーズ」本編、エピソード1。

悪魔になったゼッカーがラーバーンを率いて世界を焼く。
それに対抗する十二人の英雄たちを描く燃焼系ストーリー。




見所

ハーレム殿下の一年後〜第一次魔人機大戦までを描く燃焼系小説です。
小説になってまた雰囲気が若干変わってますが、ゲームでは描けない場所も細かく書けるので楽しいです。

が、このままいくと恐るべき長編になることは明白です。

完全趣味なので気長にお付き合いください。


※野良肉 → ハーレム殿下 → 十二英雄伝 → 賊王街 までが一つの大きな物語です。





〇小説 アニマルアイランド
(アルファポリス)



ゲームの小説版。
だいたい内容は同じですが、多少より霊的な説明が加わっているかもしれません。



異世界でラム肉やってます

ラム肉です。

そのうち書き直します。