□ゲーム

2014年までの僕の人生においてゲームはすべてでした。楽しかったです!
HTML5形式のゲームエンジンも触っていますが、まだ準備が整いません。

というよりは10年やってかなり飽きているので、しばらくは漫画などを中心に活動していきます。
また軌道に乗ったら再開予定ですので、そのときはよろしくです!

ゲームはWindows10でも動きます。

動作確認は体験版(吉里吉里)でやってね!
いまだ動くとは吉里吉里すげーって思います。

野良肉やハーレム殿下の攻略は、攻略ページを見てね!

あと各種パッチパッチのページで確認してね!



僕にスイッチについて質問してはいけないよ。だって制作者もよくわからないからね。
(攻略にはちゃんと書いてあります)






      
     

CG集などの小さな作品はもともとない場合があります。






基本はこちらを中心に作っていましたので、けっこうあります。
妹ワガママHGが一番売れました。
ありがとう、みんな!

とりあえず現状では「アニマル愛ランド」が最新作です。


『アニマル愛ランド』
(あにまるあいらんど)
『META ファントム』(壱式)
(めた ふぁんとむ)
DL版:800円 発売日:2013年2月19日〜

☆絵本形式デジタルノベル



DL版:900円 発売日:2012年11月〜

☆大日本帝国スピリチュアライズシリーズ








ずっと絵本を作りたいと思っていたので、
まずはゲームで作ってみました。

スピリチュアリズムを元にした設定です。
ひたすら優しいノベルゲームなので、
今でも気に入っています。

動物には動物の進化の形態があるようで、
進化しても直接的に人間にはならない、らしいです。

が、このあたりは非常に難しい問題です。





相当私生活がギリギリの中で作った作品ですので、
至るところに弊害が出ております。

絵がすでにちょっと死んでいる部分があります。
疲れてたんだなぁ・・・と思いますね(汗

すでに同じ声優さんを集めるのが不可能なので、
二話は小説で再開予定です

(最初から作り直すかもしれません)














販売サイト




販売サイト





『こちらポン太探偵事務所 第一話 「犬憑き」』
(こちらぽんたたんていじむしょ だいいちわ いぬつき)

☆オカルト系探偵デジタルノベルシリーズ

DL版:1000円 発売日:2011年6月18日


「ぷる汁3」
(ぷるしるさん)

☆お気楽汁シリーズ

DL版:1000円、2011年4月24日

















激しく謝罪したい作品の一つ。

資金の問題で二話目が出せず、非常につらい思いです。
小説でもいいので、なんとかしたいと思っています。

いや、出すべきですよね。
リメイクします。

こちらはMETAと同じ世界の日本が舞台で
色々と設定がリンクしています。







ぷる汁シリーズ三作目。
前回までの陵辱ものと打って変わって
なぜかツンデレメイドになりました。

声優のまりあさんが「ロリは苦手」だと言っているのに
「大丈夫。とても素敵だ。できる!」と
やや強引に押し切って演じてもらいました。

この作品を機会に
ラブラブ系を好きになってくださったという感想もあり、
作った甲斐があったかなと思います。

賊王街の合間に気分転換で作ったのは内緒です。





販売サイト





販売サイト






「ぷる汁2」
(ぷるしるに)

DL版:600円、2010年1月


「妹ワガママHG」
(いもうとわがままえいちじー)

DL版:1700円 2007年1月
パッケージ版:1700円 2007年2月23日









☆完全お世話システム型妹溺愛ADV






DLsite.com様販売のもの修正パッチ適用済みです。
(店舗販売)パッケージ版などは修正パッチをご利用ください。



ぷる汁シリーズ2作目。

DL販売の前にコミケで先行販売した作品。
声優さんのらむねさんも来てくださいました。

まあ、私はほぼスペースにいなかったですけど。
だいたいいつもいないです。空気がね、悪いんで。

今見ると激しく粗いですが、
楽しんでくれた人も多かったようですので、
満足してくだされば嬉しい限りです。

このとき賊王街で忙しかったので
二週間で作った記憶があります。

なんだ・・・やる気になれば作れるんじゃないか。
・・・やる気になれば。




ぷるっと企画、唯一のロングセラー

一番売れましたね。
おかげで七年間ニートできました(苦笑)

姉も作ったので妹、という安易な考えで作ったのですが、
完全に自分の趣味になってしまいました。
三人の妹は自分の好みです・・・申し訳ない!

実はこれ以後まともなゲームはあまり作っておらず
言ってしまえばこれが最後の
「エロゲー」作品だったかもしれません。

この頃までは原画は紙で描いてました。
それから完全にデジタルに移行しました。








販売サイト




販売サイト







「姉のヤキモチ汁」
(あねのやきもちじる)

DL版:1500円、2006年4月
パッケージ版:1600円 2006年6月9日発売中



「おさげなボクの女の子」
(おさげなぼくのおんなのこ)

L版:1400円、2006年1月
パッケージ版:即売会でのみ発売


☆添い寝システム型姉口説きADV







ラブラブ調教ゲーム








姉もの二作目。

初全国パッケージ作品。
今でも大好きです。

この頃はまだ同人ゲームも姉が多くはなかったので
色々と特集に取り上げられました。
DLサイトや雑誌とか。

サーパラさんがけっこう詳しく
レビューしてくれた気がします。

うん、ナツキ姉さん最高です。





野良肉の制作が長引いて
私の貯金があっさり消えたので
涙を流しながら作りました。

おさげ、いいなーと思ってこのタイトルになりました。
私の中のおさげのイメージは
TO HEARTのあかりちゃんなんですが、古いですね。

アドベンチャーというかSLGというか。
当時微妙に流行った育成SLG要素が入っています。

あまあまゲームということで
こちらも珍しかったのか取り上げられた気がします。










販売サイト




販売サイト








「愛舞ツイン」
(あいまいついん)

DL版:800円、2005年3月



「姉のミルクとボクの汁」
(あねのみるくとぼくのしる)

DL版:1400円、2005年2月














独立前作品。

ふたなりは好きなんですけど、
本当はふたなり×ノーマル女の子が一番好きです。

変わった色合いにしてみようと実験したら、
本当に変わった色合いになって賛否両論でした。

これをプレイした人が
ふたなりに目覚めてしまったという因果な作品。
知らないところで色々な影響を与えているのだと
しみじみ感じます。

これ以後、ふたなり作品は描いていないような・・・
トラウマだったのでしょうか。

タイトルは「あいまいな二人」という意味でした。




独立前作品。

まだ僕が郵便局に勤めているころのもの。
ゲームの作り方もよくわかっておらず、
後輩に聞きながらやっていた記憶があります。

音楽は友達に作ってもらいました。
たしか・・・たしかね。
あまり記憶がないですが、たしかそうです。

初雑誌掲載作品。










「ぷる汁」
(ぷるしる)

DL版:800円、2004年12月


「えろきゅあ白」
(えろきゅあしろ)

DL版:1000円、2004年11月













独立前作品。

うん、なぜこれを作ったのか記憶がないです。
しかし、好評だったのは覚えています。

漫画で4が復活なので
思えば12年以上の付き合いです(2016年現在)







独立前作品。

黒を作ったから白だろう、という安易な発想。
背景の写真は、後輩が地元で撮ってきた
湖の写真です。

「真面目なのかギャグなのかわからない」
というご意見をいただきましたが、

うん、僕そのものがそんな感じです。







「えろきゅあ黒」
(えろきゅあくろ)

DL版:1000円、2004年10月














独立前作品。

初めてのデジタルのベル作品。
初めてflashをいじった記憶があります。

実はぷりきゅあは二話しか見ていないので作ったので
・・・なんだか申し訳ないです。

思えば初ゲーム作品ですよ、これ!!







個人的には一番好きなジャンルです。
独立したときもこれらが作りたくて一念発起したものです。

ハーレム殿下がお勧めです。




「ハーレム殿下」
(はーれむでんか)

DL版:2000円、2011年3月10日
パッケージ:2200円、2011年4月28日



「コロン娼婦館」
(ころんしょうふかん)

DL版:1400円、2006年7月
パッケージ版:1400円、2006年9月8日


☆愛と宿命のシリーズ、「十二英雄伝外伝@」
ドラマチックSLG戦記

















燃焼系。

賊王街が完成しなかったので、
代わりに何か燃焼系を出したいということで
ファーストストーリーを作りました。

八ヶ月誰とも会わず引き篭もって一気に制作しました。
あの状況、あのハイテンションで作ったことを思えば
全体的な出来には満足しています。

SLGとしても楽しめると思います。

続編である十二英雄伝は
小説で連載中
です。




コロン娼婦館です。

猫耳はいいですよね。大好きです。
ウスノロさんが一番好きです。

これが元になって賊王街が生まれたので、
ある意味では記念すべき作品です。


漫画で続編を描く予定です。
続編というか、ウスノロさん主役です。













販売サイト




販売サイト






「野良肉」
(のらにく)

☆ダンジョン探索方式SLG+RPG

DL版:1800円、2005年10月
パッケージ版:2006年7月21日









独立後初作品。デビュー作。

今でも野良肉の設定を昇華して継承しており、
他の作品も基本は時代が違う同じ世界の物語です。

1ページ丸々フルカラーで雑誌に載れたので感動しました。

スイッチは・・・ごめんなさい。
困ったら攻略ページをどうぞ












上にも並んでいますが、体験版一覧です
バナーは特設ページです。




賊王街 ノベル版






その他色々サイト内に隠れているかも。
ゲームはすべて吉里吉里ですので基本同じです。


『アニマル愛ランド』
(あにまるあいらんど)

☆絵本形式デジタルノベル

DL版:800円 発売日:2013年2月19日〜

特設ページ






『META ファントム』(壱式)
(めた ふぁんとむ)

☆大日本帝国スピリチュアライズシリーズ

DL版:900円 発売日:2012年11月〜

特設ページ




フリーは一般、全年齢対象
※体験版は、18歳以上対象です。



「ハーレム殿下」
(はーれむでんか)

☆愛と宿命のシリーズ、「十二英雄伝外伝@」
ドラマチックSLG戦記

DL版:2000円、2011年3月10日
パッケージ:2200円、2011年4月28日







「ぷる汁3」
(ぷるしるさん)

☆お気楽汁シリーズ

女性フルボイス;綾奈まりあ

DL版:1000円、2011年4月24日




野良肉






「ぷる汁2」
(ぷるしるに)

☆お気楽汁シリーズ

☆女性フルボイス雛木らむね

DL版:600円、2010年1月














無料ゲームです。
とりあえずエロは有料、一般は無料でもいいか、という考えで始めました。
今後増やしていきたいです。




『無料版 META ファントム』(壱式)
(むりょうばん めた ふぁんとむ)
















無料一般版。

多少文章に違いがありますが、
通常部分の中身はほとんど同じです。